任意整理と特定調停の違いについて。

HOME > 債務整理のQ&A > 特定調停 > 特定調停と任意整理

「特定調停」と任意整理はどこが違うのですか?

任意整理は、司法書士や弁護士があなたの代理人として、サラ金消費者金融等の貸金業者と直接交渉し、借金の返済に関する和解を成立させる手続きなのに対し、特定調停は、裁判所において、調停委員があなたと貸金業者の間に入り、借金整理の話し合いを行う裁判手続きです。

どちらも利息制限法所定の上限利率(約18%)による引き直し計算によって算出した債務を、将来利息をカットした分割弁済にて返済する旨約束するという点で、その減額効果等は同じですが、特定調停は任意整理と異なり裁判所でまとまった和解である以上、その約束した(調停調書に記載された)返済の履行を怠った際は、金融業者から、直ちに、あなたの給料や預貯金などが差し押さえられてしまう可能性があります(債務名義)。