子供の借金に関する親の支払い義務について。

HOME > 債務整理 > 債務整理の豆知識 > 子供の借金を親が支払う義務はありません

債務整理の豆知識

子供の借金を親が支払う義務はありません

たとえ子供の借金であっても、子(債務者本人)の保証人になっていない限りは、親にも兄弟にも法律上の支払義務はありません。

貸金業法では「法律上支払い義務のない者に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立ての協力を要求したりしてはならない」旨と定めていますので、金融業者がしつこく支払いを求めてくるようでしたら監督行政庁に対し、行政指導または行政処分の申立てをすることができます。それでも、取立て行為をやめないようでしたら、取立て禁止を求める仮処分や、損害賠償請求といった対抗措置も可能です。