キャッシングは金利ですが、クレジットショッピングは手数料となります。

HOME > 債務整理 > 債務整理の豆知識 > キャッシングは金利、ショッピング(クレジット)は手数料を支払います

債務整理の豆知識

キャッシングは金利、ショッピング(クレジット)は手数料を支払います

キャッシングは「お金」を借りる契約であるため、「利息(金利)」が発生しますが、ショッピング(クレジット)はお金を借りるのではなく、「モノを買う」ために利用するものなので、利息(金利)は発生しません。

しかし、ショッピング(クレジット)は、購入代金を「立て替えて」もらい、商品を先に持ち帰れるといった契約(立替金)なので、立て替えてくれた会社に対して「手数料」を支払うことになります。

「呼び名が違うだけで、中身は一緒でしょ?・・・」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。カードショッピングは割賦販売法によってその取り扱いが規制されていますが、キャッシングは貸金業法により取り扱いが規制されております。

また、利息制限法は、あくまで「利息」を規制する法律なので、キャッシング(金銭消費貸借)取引については、利息制限法所定の上限利率(15%~20%)による引き直し計算(金利の再計算)が可能ですがショッピング(クレジット)取引については、引き直し計算はできません。従いカードショッピング取引で負った債務ついては、引直計算を行わなくても(取引履歴さえあれば)、正確な債務の額がわかるのです。