夫婦それぞれの名義による借金と言えども債務整理は別々に判断します。

HOME > 債務整理 > 債務整理の豆知識 > たとえ夫婦であっても、債務整理は別々に判断し行います

債務整理の豆知識

たとえ夫婦であっても、債務整理は別々に判断し行います

夫婦それぞれの名義で借金をしており、「よし、一緒に債務整理をやって新たに再出発しよう!」ということで、夫婦同時に債務整理を決断した場合であっても、借金を夫婦合算して検討し、かつ、夫婦一つの債務整理を行うのではなく、夫婦別々に検討し、個別に適切な債務整理を行う必要があります。

従い、夫は個人再生、妻は任意整理といったように、夫婦それぞれが別の債務整理を選択することもあります。